ブリッジ

欠損部位の両隣の歯を削り土台とし、一体型の人工歯を装着

ブリッジは欠損部位の両隣の歯を削って土台とし、一体型の人工歯を装着する治療方法です。セメントで歯に接着し、取り外す必要はありませんので、比較的違和感なくご使用いただけます。しかし、健康な歯を削る必要があることや、連結部分の清掃が困難であるというデメリットがあります。

材質によって、種類が複数あります。

種類 保険/保険外 耐久性・強度 審美性
金銀パラジウム合金 保険適用 ×
硬質レジン前装冠 保険適用(部位に制約あり)
金合金 保険適用外 ×
メタルボンド 保険適用外
フルジルコニア 保険適用外
ジルコニアボンド 保険適用外

当院では、個々のお口の中の状態やご希望(審美的・経済的)に合わせて、最も適した方法を決定してまいります。ご不明な点や気になる点がございましたら、お気軽にご相談ください。

⼊れ⻭

失われた⻭の部位、本数、年齢、口腔内の環境などによって、⼊れ⻭にはさまざまなかたちがあります。⼊れ⻭が合わないと、⾒た⽬が悪い、⾷事が取りづらい、話しにくいなどの問題が起こることがあります。ご⾃身にあった⼊れ⻭を作成し、定期的な管理を受けていただくことが重要です。

保険適用の入れ歯

安価ですが、全体的に厚くなりがちで、違和感を覚えやすいという欠点があります。また、部分入れ歯には留め具があるため、審美的に劣ります。

保険適用外の入れ歯

金属床

床の一部を金属で仕上げることにより強度が向上するとともに、薄くて違和感の少ない入れ歯となります。また、飲食物の温度が伝わりやすく、おいしく食事をお召し上がりになれます。ただし、金属アレルギーのある方は使用できません。

ノンクラスプデンチャー

金属の留め具を使用せず、見た目には入れ歯だと分かりにくいように仕上げることが可能です。審美性に優れており、装着時の違和感も軽減することができます。